人見知り 向いてる 仕事

人見知りの方でも向いてる仕事とは

スポンサーリンク

社会人になると一番大切なことはコミュニケーション能力という事は数年前から言われていますが、昔はそんなにコミュニケーション能力のことを言われなかったです。
年功序列の時代が終わり実力主義に企業が増えている現代ですが、後天的に実力を出していくためにはコミュニケーション力は不可欠と言えます。
そんな中において人見知りの性格というのは不利という考えもありますが、人見知りの方は他人への配慮が強い方でもあります。
つまりガツガツと相手の土俵に立つようなことはしないので、論争によるトラブルに巻き込まれることはほとんどないです。
そして自身の仕事に関しては黙々とこなしていける方です。
そんな方に主に向いてるのは、人と接する機会が少ない仕事ということになりますが、基本的にそういた職に就くためには、学生時代から計画を立てて新卒での入社をすることによって、そういった仕事につけるチャンスがあります。

スポンサーリンク

具体的にどんな仕事があるのかと言いますと、まずはプログラマーなどの制作業です。
基本的に制作をすることがメインであり、チームでひとつのものを完成させるものでも、個人の役割というのは与えられます。
そしてある程度の経験を積んだ後は、フリーランスという形で組織に属さずに自分のペースで作業ができるので、そういった意味でも人見知りの方に向いてると言えます。
他には経理職などもアリです。
もちろんコミュニケーションの高い方も多いのですが、経理の方に求められるのは正確は数字を出すことで、会社の金銭を取り扱うので確実な作業をしてくれる人の方が、調子の良い人よりも好まれる傾向にあります。
他には薬剤師や理系研究員などです。
ひたすら研究をすることが求められるので、コミュニケーション関しては二の次となるからです。
研究発表などもあるとは思いますが、こういった職業についている以上は自身の好きな分野であり、機械的に会話をすることになるのでそれほど問題はないです。

スポンサーリンク