友達 依存 克服 方法

友達依存を克服する方法

スポンサーリンク

友達は、一緒に遊んだり、話を聞いたり聞いてもらったり、相談し合うことができるなど、とても大切なものです。
しかしあまりにも友達を第一に考えすぎてしまうと、依存してしまう可能性があります。
例えば、友達にメールやラインをしたけれどなかなか返事がないことがあります。
当然友達にも生活があるので、仕事をしていて返信できないこともあります。
出かけていて、後で返信しようと思っているのかもしれません。
疲れていてとりあえずほうっておくこともあるでしょう。
しかし、友達に依存し始めると返信が来るまでずっと待ってしまいます。
そしてすぐに返信がないと、嫌われたのだろうかなどと考えてしまいます。
また、休みの日は友達と遊びたいと、常に友達の予定を聞くなどして嫌がられることもあるかもしれません。
本来対等な関係性のはずが、自分が相手を支配したいという感情になってきいます。
これは健全な関係とは言えません。
このような関係を克服する方法はないかと思っている人もいるでしょう。

スポンサーリンク

返信は早くしてほしい、予定は自分のために空けておいてほしいなどの要求が強くなってくると友達も負担に感じ、距離を取ってくるようになります。
そうなると悪循環で、さらに依存してしまうことになりかねません。
自分も他にすることがあるのに、ずっとそのことが気になって他のことが手につかなくなってしまうこともあります。
このように友達に依存する状態を克服したいと思う人は多いでしょう。
依存を克服することはできるのか、また克服する方法はあるのでしょうか。
依存を克服する方法として、自分の時間を大切にすることからはじめてみましょう。
読書や自宅で映画鑑賞する、また1人でできる趣味を探してみるのも良い方法でしょう。
1人の時間を持ち充実させることで、誰かと会うときに新たな話題を提供できたり、自分の中の知識や考えを深めることができるため相手もあなたに飽きることがなく、むしろ楽しんでくれるはずです。
自分の時間を大切にすることにより、結果的に依存を克服することができます。
また、さまざまな関係を大切にするという方法もあります。
会社の同僚や先輩、親、兄妹など他の関係性に目をむけ、人間関係を分散させるのも良い方法でしょう。
これらの方法で、依存してしまう心を克服していきましょう。

スポンサーリンク