人見知り 子供 接し方

人見知りの子供への接し方

スポンサーリンク

小さい時には、経験が少ないために、人との接触においても、人を選んでしまう様な事があります。
 人見知りの子供は、それぞれの環境によっても、症状が出てしまう場合があります。
例えば、家庭内では、祖父母をはじめとして、両親などの大人たちがかなり溺愛する場合があります。
その生活が一般化していると、保育園や幼稚園などの集団生活に入った時、症状が出る事があります。
 接し方としては、家族の場合には、やはりできるだけ家族以外の人と過ごす機会を設けるなどで、徐々に家族以外の人に慣れさせる事もできます。
人見知りがある子供は、特に大人には慣れない場合があります。
大人からの接し方としては、できるだけ姿勢を低くしながら、馴染める環境をもって接する事がポイントになります。
大人に対しては、それでなくても体格による差を感じている場合があります。
目線を低くしながら、やはり明るい雰囲気づくりなども必要になります。

スポンサーリンク

 人見知りの子供の中にも、はじめのうちには泣く様な事があっても、慣れてくると本人から近づいてくる場合などもあります。
この状態は、比較的軽度でもあるため、一緒に遊んでくれる相手だと認識された場合には、受け入れられる様になっていきます。
接し方としても、できるだけ頻度を重ねていく事で、子供にもその存在が認識される様になっていきます。
親しみを覚える中で、症状が改善される事があります。
 人見知りの子供に対しての接し方は、基本的には、遊びなどを通じて接触する事が大切です。
大人の存在は、見た目や雰囲気が違う事が強く印象付けられている可能性があります。
共通点が多くなる事で、恐れや違和感を消していく事に繋がっていきます。
人見知りを改善してあげると意気込まずに、仲間、ともだちになってあげれる様な行動が、接し方には求められます。

スポンサーリンク