コンビニ バイト 人見知り 治し方

コンビニバイトで人見知りの治し方

スポンサーリンク

コンビニバイトで人見知りの治し方ですが、忙しいコンビニではなく、できるだけ人の来ないバイト先を選びましょう。
深夜の時間帯など、買い物する人が少ない時間帯を選んだ方がいいかもしれません。
そうすれば接客は少なく、商品の品出しなどが仕事の中心となります。
人見知りの治し方としては、いきなり大勢の人の接客をするのではなく、少人数と接するところから始めましょう。
人見知りの場合は接客だけでなく、バイト先の店員に対しても人見知りをしてしまうようなこともあるでしょう。
コンビニも深夜であれば、急がしい時間帯よりバイトの人数が限られていますから、それほど会話をせずにすむはずです。
人見知りだろうと社交的な性格であろうと、人には相性というものがあります。
たまたま相性の良い人に当たれば、人間関係はずっとラクになります。
同僚も、深夜のバイトに入ろうという人ですから、それほど社交的なタイプとは言えないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

人見知りの治し方ですが、最初はシフトに入る時間を少なくしましょう。
コンビニはシフト調整ができるため、最初は少ないシフトで入って、慣れるに従って入る曜日を増やすようにするとよいでしょう。
対人関係は、コンビを組む人によります。
自分と相性の良さそうな人が入っている曜日を選択してください。
人見知りの自分をフォローしてくれるような人と組めば、コンビニのバイトが苦痛でなくなります。
確実に治る治し方というのは難しいですけど、苦痛を減らす治し方があります。
なお、人見知りの治し方として、はじめに「ヒマなコンビニの方がいい」と書きましたが、ヒマすぎると同僚としゃべる時間が長くなる場合があります。
そういう意味では、仕事が忙しいコンビニの方が、会話する時間が少なくすむかもしれません。
「従業員同士の私語は禁止」のような、ルールが厳しめのところがよいでしょう。
コンビニバイトで人見知りの治し方を考える場合は、少ないシフトで入ることと、コンビを組む人を選ぶことが重要です。

スポンサーリンク