予備校 女の子 話しかける 方法

予備校で気になる女の子に話しかける方法とは

スポンサーリンク

勉強をする場である予備校ですが、そこで気になる女の子と出会ってしまった場合、どのような方法で話しかけると良いのでしょうか。
まずは、相手の性格や勉強に対する意欲を見極める必要があります。
もし勉強をするためだけに予備校に来ているような雰囲気の女の子であれば、遊びに誘う目的で話しかけるという方法は絶対にNGです。
授業についての質問をしてみたり、予備校教師についての話をしてみたり、使える参考書についてさりげなく話しかけてみたりするという真面目路線で話しかける方法が吉です。
そして、その女の子が知らない人とすぐ話せるタイプの子であれば、そのままでも話題が進んでいきますので、路線を外さずに頻繁に話しかけると良いでしょう。
LINEやメールアドレスを交換して、重要な模試の日程などを教え合うという方法もあります。
逆に、何となく予備校に来ているだけの女の子であれば、勉強を教えてあげるという方法や、息抜きと称して遊びに誘うという方法もあります。

スポンサーリンク

これまでは、すぐに女の子に話しかけることが出来るということを前提に話を進めていましたが、なかなか話しかけられないような場合には、どのような方法を採れば良いのでしょうか。
まずは予備校内で、気になっている女の子に近しい人に話しかけることをお勧めします。
同じ大学を目指していたり、同じ授業に出る回数が多い人の方が会話が弾みやすいので、そのような人と仲良くなると良いですね。
大分仲良くなったところで、気になっている女の子のことを相談してみましょう。
現在付き合っている人がいるかどうかを聞くことが出来るかもしれませんし、どの大学を狙っているのかを知ることも可能です。
情報が揃ったところで、予備校であることを生かして女の子含めて何名かで自習室に行ったり、昼休み一緒に過ごしたりしながら、徐々に仲良くなっていくと良いでしょう。
その際に出来る限り近くに座り話しかけると距離がぐっと近づきます。
ただ、予備校という枠内にいることによって連帯感も生まれます。

スポンサーリンク