幼児 人見知り 時期

幼児の人見知り時期は成長している証拠

スポンサーリンク

小さなお子さんをお持ちのご家庭では、必ず人見知りの時期を経験されると思います。
人見知りが始まる一般的な時期は、乳児から幼児に掛けて生後6ヶ月位から12ヶ月に掛けてと言われていますが、子供さんによって始まる時期も終わる時期も様々ですので長い、短いで一喜一憂しない様にご両親はのんびりと構えていた方が良いです。
 人見知りは突然に始まる事も多く、乳児の時にはご両親以外の人に抱っこされていても泣く様な事もなかったお子さんが、幼児期になると他の方抱っこされると烈火の様に泣き叫ぶ事も多く、ご両親が戸惑う事の方が多くなる傾向があります。
 ただ人見知りは幼児期の正常な反応で、お子さんが順調に成長している証拠でもあります。
赤ちゃんの時には大人の様にきちんと目が見えている訳ではありませんが、幼児期に入り段々と目が見える様になり人の区別が出来る様になる事で、目の前にいる人は自分にとって安全な人がどうかを見極めているの状態なのです。

スポンサーリンク

 人見知りは必ず乳児期から幼児期を経て必ず終わる一過性の症状で、お子さんの育つ環境によっても始まる時期と終わる時期も違いますが、長くても2歳前後には段々とおさまって来ます。
 余りご両親以外の人と接触する機会が少ないお子さんの場合には、人見知りの時期が長くなる傾向にありますが、心配であれば同じ年齢位の子供さんが集まる育児支援施設等へ出掛けてご両親以外の方との接触機会を増やす事で解消される事もあります。
 逆に人見知りをしない様に見える子供さんもおり、知らない人に付いて行ってしまうのではないかと心配されているご両親もいらっしゃいますが、どんな子供さんでも幼児期には必ず自分に危害を加える人かどうか、大丈夫な人なのかと言った具合に観察をしています。
相手の顔を直接見なかったり、抱っこされるのを拒否したりと言った行動を少なからずとっている筈です。
 全てが幼児ながらも自己防衛をして、順調に成長している証拠ですので安心していて大丈夫です。

スポンサーリンク