子供 人見知り いつから

子供が人見知りをするのはいつからなのか

スポンサーリンク

子供に見られる人見知りは、一般的な行動であり特に問題はありません。
しかし、それがあまりにもひどければ、親として心配になってしまうこともあるでしょう。
両親以外の人が近づくだけでも大泣きしたり、目も合わせてくれない態度を取ればそれは立派な人見知りです。
この現象は子供のうちであればしばらく続きますが、一時的なものとして受け止めてあげる必要があります。
子供の成長過程では当たり前のように起こる現象となるので、特に異常だと感じる必要はありません。
子供の人見知りはいつから起きるのか心配する人もいますが、だいたい3〜4ヶ月あたりから起こるようになります。
その時期は、乳児でありながらも母親や父親の区別ができるようになる頃です。
そのために、見慣れていない人が近寄ってくると、大きな不安を覚えてしまいます。
それが人見知りであり、子供らしい心があらわれている証拠です。
しかしながら、人見知りをしない子供もいます。
そういう場合に限って親はいつから目立ってくるのか不安に思ってしまいます。
この場合は個人差があるため、いつから起きてくれば正常だとは判断できません。
人見知りをする時期が遅れたり、全くない場合でも、成長に特に影響はないのです。

スポンサーリンク

人見知りをしない原因としては、本人の性格や育ってきた環境が影響しているとの見方ができます。
性格は人それぞれなため、両親以外の人であっても興味津々な子供もいます。
環境では、両親以外の人が同居していたり、人の出入りが多い状況であれば考えられないこともありません。
いつから起きてくるのかは、その場合によってさまざまです。
3〜4ヶ月頃に起こり出すというのはあくまで両親との区別ができる年頃であり、だいたいの目安とされているだけです。
このいつから始まるのかを気になる親もいれば、反対にいつまで続くのかを気にする親もいます。
これについても個人差はありますが、早くて2歳、遅くて幼稚園に入園する頃に落ち着いてくるようになります。
幼稚園に入園すれば、必然的にたくさんの出会いがあります。
両親だけの世界ではなくなるので、人見知りをしたとしても入園してからしばらくまでのことです。
このようにして、いつから始まるのかは個人個人によって違いがあり、いつまで続くのかも同じようなことが言えます。
人見知りをしてもしなくてもそれは子供の個性であり、いつからという判断基準は目安的なものとして考えていくようにしましょう。

スポンサーリンク