一歳 人見知り しない 原因

一歳の子供人見知りをする子と人見知りしない子の原因と違い

スポンサーリンク

子どもが成長していく過程ででてくるのが人見知りです。
特に一歳を過ぎると人見知りがでてしまいます。
人見知りをするとお母さんは子育てが非常に大変です。
人見知りは、だいたいの子供が生後6ヶ月から始まるといわれています。
それから、長い子だと2歳までに渡って人見知りが続きます。
しかし、中には人見知りをしないこどももいます。
では、人見知りをする子としない子の原因についてお話してきます。
まず、しない子との違いは、性格の違いです。
性格が、神経質ではなかったり、好奇心が旺盛だったりすると大勢の人のところにいっても全然平気な子がいます。
そういった子供は度胸があり、堂々としている性格であると考えてよいでしょう。
そのため人見知りをしないのです。
また、大勢の人の中で生活をすることも非常に良いとされます。
なぜならば、コミュニケーションをたくさん取ることができるからです。
ですので一歳になる前から大勢の人がいるところに積極的に連れて行くことが重要です。
そして、多少さみしくても、一歳前から預けてみてもらうことも良いと考えられます。

スポンサーリンク

このようなことが原因ならばよいのですが、全く目を合わそうとしなかったり、関心が全然ない場合は注意が必要です。
一歳になるとあらゆることに興味を示すようになります。
すると、いろいろなものをいじったり、お母さんの方をずっと見たりして目線が合います。
しかしこのようなことを全くしない場合は、他に原因があるのです。
その原因とは、発達障害です。
発達障害とは、一歳頃から急激に症状がわかる場合もあります。
そのため、一歳になる前の対処が非常に重要です。
何事にも関心を示すことをしない場合や、急激に関心が低くなったりした子供がいたら早めに病院に受診するようにしましょう。
また、人見知りをしていたのに急にしないといった場合もなんらかの原因があるので、しっかりと日頃から子供を観察するようにして原因を探すことが重要です。
一歳という時期は、非常に大変な時期です。
ですが、全然手がかからない子供もいます。
しかし、手がかからないことにはなんらかの原因が隠されている場合もあるので、日頃のコミュニケーションが重要です。

スポンサーリンク