人見知り 治す バイト

人見知りを治すためのアルバイト

スポンサーリンク

人見知りと聞くと「会話が少ない」「社交性に欠如している」等のイメージが強く、人見知りを改善したいと思っている方はたくさんいるはずです。
人見知りを早めに治す方法は、その長所を活かしたバイトを行うことです。
 人見知りは相手に気を使いすぎてどのタイミングで話してよいのか分からない、嫌な印象を与えないために言葉を選んでしまうなどの特徴が見られます。
逆に言えば人の気持ちをよく考える、気配りができるということです。
この点で向いているバイトは福祉関係です。
 福祉関係のバイトは人のことを常に考えなければなりません。
また、終始周りに人がいる環境です。
はじめは不慣れでも、人の気持ちを考えることと気配りに長けているなら相手は必ず心を開いてくれます。
人と話すことで人見知りを治すきっかけになります。
 また、接客業のバイトも治すためには悪くありません。
接客業は礼儀正しさが大切です。
気配りに長けている性格ならではの接し方が行え、嫌でも話す機会が増えてきます。
人見知りを治すにはとても良いバイトです。

スポンサーリンク

 人見知りは話が苦手だからこそ、聞き上手になることができます。
明るい人や良く話す人の中にも空気が読めず、意外と浮いてたり信頼されないことがあります。
ですから、聞き上手は一つの長所です。
治すためのバイトとしてこの長所を活かすことも良いでしょう。
聞き上手の方が向いているバイトはコールセンターです。
コールセンターはクレーム処理を行ったり、通販の注文受付、携帯会社のサービス案内などです。
ここでは自分の話をせずに相手の話を聞くことが仕事ですから、聞き上手にはとても向いています。
また、様々な人が電話をかけてくるので、人の気持ちを理解する速度が上がり、人見知りを治すことが可能です。
最近では愚痴聞きサービスという仕事もあり、これも同様に聞き上手の人には良いと言えます。
 人見知りを治すためには上記のような人と接するバイトをすることが大切です。
就職時に話が出来ないとそれだけでマイナスになってしまいます。
就職する前の時期、学生時代に治すためのバイトを積極的に行いましょう。

スポンサーリンク