子ども 人見知り いつから

子どもの人見知り、いつからか

スポンサーリンク

人見知りとは、人に対して緊張したり、一歩引いて接したり、どちらかというと人と接するのが苦手な人に言う言葉です。
そんな人見知りですが、子どものうちはいつから発揮してしまうことが多いのかとても気になります。
子どものうちから人見知りする人はどちらかというと少なく、大人になっていくうちや、思春期などによく起こることがあります。
いつから起こりやすくなるのかというと、幼稚園生辺りの、人と関わり始めた時期に起こることが多いです。
子どもは、お父さんやお母さんに見守られながら安心して育つので、初めての一人行動や、仲間との関係を築いていかないといけません。
苦手な人は苦手と感じるので、その症状をこじらせてしまい人見知りになってしまうことがあります。
ですが、子どものうちは、挽回できる余地があるので、いつから起こり始めたのか、いつまで、そのような行動が見られたのかをメモやノートに記述して様子を見てみるという方法もあります。

スポンサーリンク

子どもの人見知りは、親が加入することでも和らぐことがあります。
親が近くにいてこそ、逃げることができる、まだ大丈夫だという安心感を得ることで、成長したり、学べることがあります。
いつからなのかは、人それぞれですが、集団行動を学び始めの頃が一番多いとされているので、幼稚園や小学校から帰ってきたらどんな一日だったのかを話すことが大切です。
子どもの人見知りは、人それぞれ起こる時期が違うので我が子はいつからなのだろう、と不安になることはありません。
いつからだと悩むよりも子どもに対する親のサポートが人生を決めることもあります。
人見知りはネガティブな言葉とされていますが、慎重という意味ではポジティブな言葉でもあります。
いつから起こったのかを見定めたり、それに似合ったアドバイスをしてあげることで、人間関係も円滑に過ごせることができます。
何か悩みがあったら少しのことでも家族で話すようなルールを作ったりすることも大切です。

スポンサーリンク