生後 八ヶ月 人見知り 対処方法

生後八ヶ月になる赤ちゃんの人見知り対処方法

スポンサーリンク

生後八ヶ月になると人見知りが始まります。
もっと早い時期に人見知りが始まる子供もいますが個人差があり、顔を見て泣かれないためには対処方法を模索する必要があります。
生後八ヶ月になると目もだいぶ見えるようになるため、家族と他人の見分けは付きます。
特に毎日接している母親の顔は見分けがつくため、常に目で追っています。
人見知りの子供の特徴は母親のそばを離れたり、他人が抱っこをすると泣く事です。
生後八ヶ月ではハイハイがまだ出来ないため、一日の多くをベッドか腕の中で過ごします。
そのため安心感があり、その場から離れると不安になります。
また常に肌を合わせている母親と離れる事に不安を感じることに起因して、泣きだす事があります。
この時の対処方法として、多くの人が泣きだしたら母親と抱っこを交代しますが、これは応急処置であり、確かな対処方法とは言えない面があります。
生後八ヶ月になると自我の芽生えが始まるため、しっかりと教える必要があります。

スポンサーリンク

泣きだすと困るため、つい母親と交代しがちの抱っこですが、ここは辛抱強く様子を見ることも大切です。
生後八ヶ月の人見知りを治すために最初の対処方法としては、母親の顔が見えるように赤ちゃんを抱っこします。
隣にいるよ、常に見ているよと安心させることで、次のステップへ進めます。
泣きやんできたら、母親と離れた場所へ連れて行きます。
母親と距離を持つ事で人見知りを克服できる対処方法であり、人混みに慣れさせる意味もあります。
生後八ヶ月というと幼すぎて連れて歩くには体に負担がかかるため、赤ちゃん教室やママ友の中での付き合いとなり、とても狭い世界しか知らない場合もあります。
この行動こそが人見知りを助長しているため、多くの人に出会う事で他人に慣れる事を促します。
そうすれば家族以外の親族や友人、知人が訪ねてきても人見知りすることが無くなります。
生後八ヶ月の対処方法ではありますが、人見知りに悩む全ての人の対処方法でもあります。

スポンサーリンク