生後3ヶ月 人見知り 原因

生後3ヶ月の赤ちゃんの人見知りの原因

スポンサーリンク

これまで全く人見知りをしなかったのに、生後3ヶ月頃に急に激しく人見知りをするようになるケースがあります。
急にそのような状態になる原因としては、人見知りでは無いと言われています。
実は、生後3ヶ月頃の赤ちゃんで人見知りということが起きることはありません。
人見知りと言われるような反応を示すようになるのは、生後6ヶ月から8ヶ月頃からと言われています。
では、なぜ生後3ヶ月頃の赤ちゃんで知らない人に会ったり、知らない場所に行くとグズるようになるのかというと、この時期の赤ちゃんはアタッチメントと呼ばれる心のつながりを作る準備をしている時期であるためと言われています。
このアタッチメントに関しては、生後6ヶ月頃から形成し始めると言われていますが、その前段階が3ヶ月頃から形成し始めることがグズる原因と言われています。

スポンサーリンク

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、母親などに対して、もっとかまって欲しいという気持ちが強くなってきている時期と考えられます。
つまり、かまって欲しいと思っている時に、離れていってしまったり、知らない人の中や知らない場所に行くということは不満であり、不安な状態になるわけです。
早く自分のもとに戻ってきて欲しい、安心することが出来る場所に行きたいという気持ちから、グズってしまうのです。
知らない人や知らない場所が嫌というわけではなく、母親などの信頼することが出来る人がいないということが悲しいと感じているのかもしれません。
生後3ヶ月頃の赤ちゃんの知らない人に会ったり、知らない場所でグズるというのは、決して特別なものではありません。
信頼されている証拠ですので、イライラせずに温かく見守るということが大切なことです。

スポンサーリンク