二歳 人見知り 原因

二歳の人見知りの原因について

スポンサーリンク

二歳の人見知りの原因についてです。
二歳の人見知りの原因はお母さんとの絆に起因していると言われています。
親子の絆が強いほど、二歳の人見知りが強くなります。
しかし、それも時期のものですから心配する事はありません。
二歳の人見知りの原因がお友達とのふれあいの時間が少ないからだと考えているお母さんは少なくありません。
お友達とのふれあいはとても大切なことですが、お母さんが無理をしてしまってはお母さんが辛くなるだけなので無理のない範囲でお友達との輪に入れてあげればいいと思います。
二歳の人見知りの原因は、親との信頼関係ですので友達との輪に入れてあげたら人見知りがなおるという事はありません。
ですが、人に慣れる事は出来ます。
二歳位だと友達との何かをして遊ぶという事はしません。
各々自由に遊ぶので一緒に遊ぶ必要がないように思われますが、一緒に遊ぶ事なく近くで遊んでいるだけでも刺激を貰えます。
お友達の気配を感じているのです。

スポンサーリンク

おじいちゃんおばあちゃんを前にしても泣いてしまう子もいます。
それはお母さんとおじいちゃんおばあちゃんの区別がついてきたという事で喜ばしい事です。
でもおじいちゃんおばあちゃんを前にして泣かれてしまっては困ってしまいます。
そこで、無理やり抱っこをしてもらって余計に泣かれたという経験をした方は少なくないと思います。
その場合は、無理に抱っこさせたりせずに訳を話してわかってもらいましょう。
そうしなければおじいちゃんおばあちゃんが嫌いになってしまいます。
一時的なものなのでその時期だけ距離をあければそのうちおさまってくるでしょう。
二歳の人見知りの原因は他にある場合もあります。
原因としては好き嫌いがはっきりしている場合です。
小さい時から好き嫌いがはっきりしている子もいます。
好き嫌いがはっきりしていても口でしっかりと伝えられない場合もあるので人見知りと区別がつきにくい場合もありません。
その場合には原因がはっきりしているのでなおそうと思うよりも受け入れる方が良好な親子関係が築けます。

スポンサーリンク