赤ちゃん 人見知り いつから

赤ちゃん人見知りいつから始まるのか、その対処法

スポンサーリンク

赤ちゃんの成長段階でほとんどの方が経験するのが、人見知りです。
人見知りが始まるとママは特に大変です。
では、人見知りはいつから始まり、どのように対処を取っていくことが良いのでしょうか。
人見知りは、いつから始まるのかというと、生後6か月からなる方が多いです。
そして、長い赤ちゃんだと2歳近くまで続いてしまいます。
ですので、2歳になるころには終わると考え、気軽な気持ちで赤ちゃんに接していくことが重要です。
また、個人差もあるので、6か月すぎても全然しないといった赤ちゃんもいます。
いつからなるのかな。
と心配する親もいますが、いつからと特定するのは難しいので、構えすぎないことも大切です。
そして、いつからと考えるのではなく、なんとなく親が気が付いてあげるとが必要でしょう。
人見知りが始まると育児ノイローゼのような状態になる親も少なくありません。
しかし、成長段階で必要なことですし、親と他の人の識別が付いているといった立派な証拠であるため、投げやりにならずに上手に向き合っていくことが大切です。
では、どのように対処していくのが良いのか紹介していきます。

スポンサーリンク

まず、いつから人見知りが始まるかわからないので、生後三か月くらいの赤ちゃんのうちからたくさんの人がいる環境で育てることが重要です。
ほとんどの家庭が赤ちゃんと親で生活しています。
ですが、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に生活している人は、たくさんの人に囲まれるため恐怖心を減らすことができます。
また、母親への執着も少なくすることができるので、いつから人見知りをするのか。
などの心配を減らすことができます。
また、子育てをする際母親がとても楽になります。
こういったことができない方は、児童館や赤ちゃん施設を利用して積極的にたくさんの人と触れ合える環境を作ることが、人見知りの改善に繋がります。
また、人見知りが始まってしまったら、できるだけ優しく接してあげるようにすることが重要です。
語りかけるように怖くないよ。
大丈夫だよ。
と恐怖心や不安感を取り除いていくことが重要です。
また、スキンシップをできるだけ多くとってあげることも対策につながります。
ですので、ハイタッチをしたり、バイバイをしたり、手をつないだりすることがおすすめです。
家族で協力し合うことが重要でしょう。

スポンサーリンク