人見知り 男 脈あり

人見知り男性の脈あり時の心理と態度

スポンサーリンク

人見知りと聞くと最初に思い浮かぶのは、近寄りがたいもしくは話しかけにくいといったように何となく距離を感じるような言葉ですが、ただでさえ他人の心は読めないのに人見知りの男に対して脈があるかどうかということを確かめるのは至難の業です。
男性と女性で違いはあまりないように思いますが、やはり男性の方がその生物学的な性質上、一度人見知りになって人と接しなくなると自分の世界に浸ってしまいあるいは閉じこもってしまい、脈ありかどうか様子を見ることすらできません。
だからこそそういった方の様子を確認するためにもこちら側からアプローチを仕掛けていく必要があります。
但し、人見知りの方は基本的に人との接し方が分からなかったり苦手だったりするので過剰にアプローチをしてしまうと接触を嫌って話をしたり会ったりすることすらできなくなるかもしれません。
連絡を取る場合にはその点に注意しましょう。

スポンサーリンク

アプローチがうまくいき、少しずつ話すようになれば後はいろんな機会をもってコミュニケーションを取っていくだけです。
その中で自ずと脈ありかどうかはわかると思いますし、仮にその男性のことを気になっているのであればアプローチも兼ねて一石二鳥です。
人見知りの方も接触する相手が自分に害のない相手だったり、一緒にいて気が楽な存在だとわかれば接触を断る理由もないので必然的に一緒にいる時間も長くなると思います。
逆にこちらからいかなければ一生相手からアプローチしてくることはないですし、当然会う機会や連絡する機会もないわけですから脈ありかどうか絶対に判断できませんし関係性に何らかの発展があるとは思えません。
少し大変かもしれませんが、こちらから動いてこそ、こうした方々との関係は発展するのです。
さらに言えば、そこでうまく関係性が発展すればその時点で脈ありも同然なのです。

スポンサーリンク