人見知り 女性 接し方

人見知りする女性の特徴と接し方

スポンサーリンク

人というのは1人1人が違う性格を持ち合わせています。
「人見知り」は一見性格を表す言葉に聞こえますが、実はそうではないのです。
人を見知る=自分の積み重ねてきた経験により、相手に対して心を開いていないという意味です。
つまり、自分の接し方次第で人見知りはいくらでも改善可能なのです。
女性で人見知りする人に多いのは「プライドが高い」「話したくない」「傷つきたくない」など自信がないことから裏付けされたネガティブマインドや他人へのブロックマインドです。
では元からそういう性格だからなのでしょうか、そうではないのです。
前にも書いた通り、蓄積されてきた経験が原因で「自分はこうだ」と思い込んでいる事により「人見知り」というバリアで他人と関わらないように振る舞うのです。
ですから、周りがそれに気づけば接し方次第で相手が明るく積極的に変わっていく事が出来ます。

スポンサーリンク

では、具体的にどのようなアプローチが良いのか「接し方」について考えていきます。
まず、相手は「自信がない」という事を頭に叩きこんでおきます。
相手から挨拶や会話が出来ないのであれば、こちらから挨拶をしましょう。
挨拶のあとに、相手を褒める言葉をかけてみます。
例えば、「その服素敵ですね」や「笑顔が可愛くて癒されます」など言われて決して嫌だと思わない言葉を選び、相手が気持ち的に楽になるように閉じているシャッターを開いてあげます。
褒められて嫌味だと取る人は「プライドが高い」のです。
そういう人には「正直な気持ちです」と素直にストレートな気持ちをぶつけましょう。
プライドが高い人へも本音で話すようにして真摯な態度で伝えれば、思いは伝わります。
大事なのは相手の警戒心を解いてあげることです。
初めから馴れ馴れしく接するのではなく、少しずつ会話を広げつつ褒めるのです。
これが人見知りな女性には抜群に効果がある接し方です。

スポンサーリンク