2歳 人見知り 固まる

2歳の子供の固まるような人見知り

スポンサーリンク

小さな子供が母親以外の人と会ったときに人見知りをするというのは決して珍しいことではありません。
多くの子供が一度は経験するものとなっています。
赤ちゃんの場合には成長の証しとして見守ることができますが、ある程度成長をして2歳くらいになってくると、心配になる人がいます。
人に挨拶をすることができなかったり友達ができないというような悩みを抱えている人もいます。
なぜこのように2歳頃の子供が人見知りをするのかというと、たくさんの説があるので一概にこれが原因と言うことがわかりません。
このように原因がはっきりとしていないので防ぐことが難しくなっています。
このような人見知りを克服させるにはどうしたらいいのか悩んでいるお母さんもいます。
知らない人の前に行くと固まるというような状態の子供を、慣れるためにたくさんの人の前に連れて行ってしまうと逆効果となります。

スポンサーリンク

人前で固まると言うことが原因で、友達を作ることができないのではと心配になっているお母さんがいますが、ここでは自分のペースでやらせてみるように見守ることが大切です。
このときに必ず近くに親がいるようにします。
それだけで子供は安心するのです。
人見知りの子供はドキドキしているので、そのなかで背中をなでてあげたり声をかけたりして見守ることが克服のための方法となります。
小さい頃からたくさんの人と接する機会を設けても、親子だけで過ごしているというような家庭の場合でも、必ずしも社交性に違いが出ると言うことはありません。
一つの子供の個性として考える必要があります。
ここで大切なことは、社会生活の中で挨拶をしたりというような必要最低限のコミュニケーションを行うことができるように、子供のペースにあわせて克服のためのサポートをしていくことが大切です。

スポンサーリンク