1歳半 人見知り しない

1歳半で人見知りをしないことについて

スポンサーリンク

子育てで、関心ごとの一つに、「人見知りをするかしないか」があります。
1歳半になると物心が付き始めるお子さんもいます。
また、自我が出てくる時期でもあります。
突然、泣き出したり、わめいたり歩き出したりします。
これは、自己表現でもあります。
まだ、この時期は言葉で他人に分かる様に、自分の気持ちを表現するのは無理ですが、行動で示せるようになります。
これも、お子さんの大きい進歩です。
自分の気持ちは、行動しなければ他人に伝わりません。
そのことをなんとなく理解し始めてる証拠です。
自分の状況を、表そうとするのが成長への一歩にもなります。
人間関係の作り方にも、変化が出ます。
どんな人にも、笑顔を振りまく赤ちゃんもいます。
これは、他人に興味を示したとも言えます。
このため、この良さを最大限に生かした育児が望まれます。

スポンサーリンク

このように、人見知りをしないことは良い現象でもあります。
小さい時から、いろんな人と親しくする習慣がつくと、幅広い人間になれる可能性が高くなります。
3歳までの環境は、お子さんの成長に大きく影響を与える時もあります。
特に、1歳半は体や心の育成の変化がでやすくなります。
逆に「人見知りする」お子様でも、心配することはありません。
そのようなお子様でも、環境などの変化で性格が大きく変わる方が多いです。
人見知りの激しい時期があったから、友人がたくさんできたといえる方もいます。
精神的な成長過程は、人それぞれです。
人間相手の事こそ、マニュアルどおりにならないので長い目でみられます。
その人が、なぜこの状況にいるかは理屈が通りません。
人間の心の中は、人の目には見えないことにもよります。
その人の気持ちは、その人には理解できます。
このため、他人は相手の気持ちを想像することができます。
この結果、お子さんの気持ちに寄り添うのは可能です。
人間は、一生かかって精神的に成長します。
そのため、人のどんな精神状態も、大人になるために必要な現象です。

自分で自分の気持ちを乗越えられるのも、最大の目標になります。
余裕のある育児は、次のようなことも言えます。
お子さんの今の状態を悲観しないことが大事です。
その状況が、良い方向になるように付き合うことかもしれません。

スポンサーリンク