3歳半 人見知り 発達障害

人見知りしない3歳半の赤ちゃんの発達障害

スポンサーリンク

人見知りする赤ちゃんのいるお母さんはたいへんですが、2歳過ぎるとおさまると言われています。
しかし、なかにはまったく人見知りしない赤ちゃんもいます。
3歳半くらいになるまでまったく人見知りしない赤ちゃんは、発達障害のおそれがあります。
自閉症などの発達障害のある赤ちゃんは、あやしても笑わないとか、目を合わせないなどの特徴があります。
だいたい赤ちゃんが人見知りする理由ですが、お母さんとほかの人とを見分けることができるからです。
発達障害があると、お母さんと他人とを見分けることができません。
これは、お母さんの後追いをしない赤ちゃんについても当てはまります。
自分になつかないお子さんがいるとしたら、それもまたなんらかの障害のせいかもしれないのです。
正常な子供と発達障害を持つ子供との差は、どんなところにあるのでしょうか。

スポンサーリンク

正常な子供というか、赤ちゃんにもいろんな性格があり、社交的な子供の場合は、お母さん以外の人とでも怖がることなく接することができます。
また、家族が多くて、日頃からおばあちゃんやおじいちゃんにかまわれているような子供も、他人がそばにいるからといって泣き出すようなことはないでしょう。
そのような環境による慣れもあります。
どちらのタイプなのかは、子供の性格にもよりますから、我が子がどんな性格なのか、観察するようにしてください。
3歳半ぐらいになって子供がまったく人見知りしない場合は、いちおう発達障害を疑ってみた方がいいかもしれません。
3歳半くらいになって障害があると思った場合は、病院を受診してみてください。
障害にも様々な種類がありますから、親の一方的な判断で決めつけてしまうと対処法を誤る場合があります。

スポンサーリンク