人見知り 克服 方法

人見知り克服方法

スポンサーリンク

あなたは人見知りで悩んでいますか?
気持ちは分かります。
初対面の人と話す時は緊張するし、何を話したらいいか分からなくなりますよね?
しかも、こんなこと言ったら、相手に変に思われるかな?とか、話が続かないと自分が悪いのかもしれないと思ってしまったり。
厄介ですよね、人見知りって。
でも、考え方を変えていけば、人見知りを克服するのはそんなに大変なことではないのです。
具体的にどんな考え方をしたらいいのか、お伝えしていきますね。
・自分への評価を気にしない
人見知りは他人との関係で、不安が先に立つから発生してしまうのですが、相手に悪く思われているのではないか?とか、自分がどう評価されているか?など、そんなに気にしないことです。
会話をしている時に、常に相手にどう思われているかを気にすると、会話をするのが苦痛になったり、話が噛み合わなくなったりします。
そういう時は、話している内容に集中し、会話を続けられるように質問をしたり、感想を伝えていくと段々と会話が楽しめるようになります。
そうすることで自意識過剰になって人と比較したり、どのように評価されているか等、心配しなくても済むようになります。
・自分から心を開いていく
人見知りするのは、あなただけではありません。
もしかしたら、目の前にいる相手も人見知りに悩んでいるのかもしれないのです。
だから、自分から心を開いていくようにしましょう。

スポンサーリンク

そうすれば、例えこちらから話しかけて素っ気ない態度をされても、自分のせいだと思わず、常に前向きにいられるようになります。
また、相手も人見知りだから、自分の気持ちを上手に出せないのかもしれないと思えるようになります。
その上、あなたの方から率先して心を開いて、笑顔で接すれば相手も好意を持つようになるので、良い人間関係が築けるようになります。
・自分の事を悪く思わない
自分の事を振り返って反省することは良いことですが、やり過ぎは逆効果になることがあります。
例えば、「あの時、冷たい態度を取ってしまったから、自分が悪い。」と思い込んでしまうと次にまたその相手に会っても、態度がぎこちなくなってしまいます。
だから、自分をもっと肯定してあげてください。
この前はきちんと挨拶出来たんだから大丈夫とか、自分が気にしているほど、相手は自分のことを悪く思っていないと考えればいいのです。
実際、人は自分が思っているほど、他人のことを気にしていません。
このように、自意識過剰にならないように気をつけ、自分から心を開くようにしていけば、良好な人間関係が出来るようになるし、段々と自分に自信がついて、自然体で振る舞えるようになります。
このサイトでは人見知り克服方法について詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。
あなたが、人見知りを克服して毎日を気持ちよく過ごしていかれることを心から願っています!

スポンサーリンク